Kiyotoku Online Shop


このページでは、ガラム監修カレー鍋のつゆを使った美味しいレシピをご紹介いたします。

このレシピを監修いただいたのは料理家の渡辺康啓さん。最近はyoutubeのせせチャンネルという料理番組も(筆者もいつも参考にさせていただいております。おススメは麻婆豆腐!)でも大人気の渡辺先生に、カレー鍋のレシピを2種類、作っていただきました(渡辺先生の公式サイトはコチラです)

 

パクチーもつカレー鍋のレシピ


<材料>
ホルモン 280g
キャベツ 1/4球
玉葱 1/2個
豆腐 1/4丁
大蒜 1片
パクチー 適量

 <準備>
鍋にお湯を沸かし、ホルモンを入れる。
再び沸騰してきたらザルにあげる。
キャベツはざく切りにし、玉ねぎはくし切りにする。
豆腐は食べやすい大きさに切り、にんにくは薄切りにする。

<作り方>
鍋にカレー鍋のもとを入れ、ホルモンを入れる。
玉葱とにんにくを入れ、その上にキャベツを載せる。
豆腐を乗せて火にかける。
沸騰したら弱火に落とし、蓋をして5分煮る。

<最後に>
パクチーをたっぷりと乗せ、ガラムマサラをふって食べる。
〆はうどんやちゃんぽん麺がおすすめです。


「 もつ鍋」という博多の定番料理が見事にアップデートされました。
辛さは控えめですが、しっかりとスパイスの風味の効いたカレー鍋のつゆにモツのコクと旨味が溶けだして本当に美味しい!
パクチーを一緒に煮込まずに、後乗せで食べるのも良きアクセントになり最高です。ぜひ、一度、お試しくださいませ。

マサラチキンのカレー鍋のレシピ


<材料>
骨付き鶏ぶつ切り 260g
塩 2つまみ
にんにくすりおろし 小さじ1/2
トマト 1個
オクラ 8本
小松菜
お米60g
サラダ油 小さじ2

<準備>
骨付き鶏ぶつ切りは、添付のガラムマサラ、塩、にんにくのすりおろしを揉み込んで1時間以上馴染ませる(冷蔵庫で前日から仕込んでおくとなお馴染んで美味しいです)
トマトはくし切り、オクラは塩をふって板ずりし、がくの周りを包丁で剥いておく。
小松菜は5cm幅にざく切りにしておく。
お米はザルに入れて洗い、たっぷりのお湯を沸かした鍋に入れ、15分茹でてザルに取る。

<作り方>
鍋にサラダ油を温め、鶏肉を入れる。
表面の色が変わるまで中弱火で炒める。
※火が強いとスパイスが焦げるので注意
カレー鍋のもとを注ぐ。
小松菜、トマト、オクラを入れて蓋をし、沸騰させる。
弱火に落とし、5分ほど煮たらできあがり。


<最後に>
具材を食べ終えたら、茹でておいたお米を入れる。
5分ほど煮て、溶き卵を全体に回し入れる。
味をみて、足りなければ塩を入れて味を調える。

このレシピは博多の水炊きのカレーアレンジですね。もつ鍋に続いて水炊きとは、渡辺先生、やっぱりスゴいですね。
別添のスパイスをチキンに揉みこむアイデアもさすがですね。

ここで紹介しているレシピはほんの一例です。ぜひ、みなさまもお好きな具材を色々と試してみて、ご自分だけのスペシャルなカレー鍋を作ってみてくださいね。